後の世の君へ

画像

紫式部、清少納言、和泉式部より
1000年前の彼女達の感性は、現代の私たちの心をも揺さぶる

くれない玉章に出展する作品です。
何とかギリギリで間に合いました
テーマが「秋」「手紙」だったので、古典への思いを描いてみました。
上手く言えないのですが、古典というのは後世の人々への手紙かな~といった感じです
当人達はそんなつもりはさらさらないでしょうけど
いつもと違う柔らかい雰囲気を出そうとしたら極薄になりました
肌のシワとかうっすら描き込んでるんですが... 見えますかね??
あと、どれが誰か分かりますか?
いろんな箇所でその人らしさを表してみました。
ちなみに清少納言の小袿の着方ですが、戦国時代に流行った腰巻にしました。
時代的にはありえないんですが、彼女のイメージ的にどうしても着せたかった...

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック