橋姫

画像

源氏塗絵19枚目。
「宇治山の阿闍梨から八の宮の噂を聞き、宮の高徳に魅せられた薫は、以後しばしば宇治の八の宮を訪ねるようになる。ある秋の末、八の宮が四季の念仏のために山寺に籠っている間、薫は久しぶりに宇治を訪れた。馬で木幡山を越えて行く薫に、木の葉の露がはらはらと散りかかる。」

御簾がないというだけで、のびのびと塗れた気がします。
月は、きっと銀箔が貼ってあったんだろうと思い、それっぽい色にしてみました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック