梅枝

画像

源氏塗絵16枚目。
「源氏は六条院の女君たちにも薫物の調合を依頼していたが、螢兵部卿の宮が来られたのを機に、それらを試みに焚いてみることになった。源氏自身の二種の薫物も、壺に入れて遣水の際に埋めておいたのを掘り出して来る。薫物の判定を頼まれた螢の宮は、辛い役目だと言って困っている。」
女房の表衣がハイカラな模様だ...
相変わらず話の内容が思い出せないので、今回は一言のみ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック