藤袴

画像

源氏塗絵14枚目。
「玉鬘が大宮の喪に服していると、そこへ夕霧が源氏の使者として来訪した。夕霧は今まで姉として玉鬘に好意を寄せてきたが、そうでないことを知った今は平静ではいられなくなっている。夕霧は手に持った藤袴(蘭)をさし出し、玉鬘の袖を引いて苦しい胸中を訴えた。」
喪に服している割に、随分派手な単にしてしまった...

すごく気になっているんですが、この絵の下の雲にくっついている茶色いの、なんだと思いますか
私の塗絵じゃ意味不明なんですけど、原画を見ると、汚れにしては描き込まれているような感じがして...
調べてみると(気にしすぎ)藤袴は8~9月に開花するそうなので、柱にくっついた蝉の抜け殻じゃないかと考えてみました。
源氏物語に全く関係ないことですが...

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック