薄雲

画像

源氏塗絵11枚目。
「源氏は、姫君を紫の上に預けた明石の上の寂しさを思いやって、大堰を訪れようと、念入りに装束をして紫の上に挨拶をなさると、女君は穏やかならぬ思いで見送っておられる。姫君が無邪気に君の後を追う姿が実にかわいい。その様子を見ると、紫の上の気持も少しなごむのであった。」

今回から2冊目です。
1冊目と一緒に買って、何年も使わずに放っておいたら、所々強く塗ると穴があいたりしました
久々に塗ると、細かい所とかイライラしますね~
でもまだ続けます

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック