絵合

画像

源氏塗絵10枚目。
「冷泉帝の御前での絵合に、朱雀院は梅壺の尿後に年中行事の絵を贈り、大后や朧月夜は弘徽殿の女御方に加勢する。当日は螢の宮が判者になったが、いずれも優劣がつけがたい絵で容易に判定がつかない。しかし最後に源氏の須磨の日記絵が出されて、梅壺方の勝となった。」

久々の塗絵です。
一年ちょいぶり
いくら何でも、前よりは上手くなっていてほしいなぁ...
久々すぎて、ストーリーの方はこれっぽっちも覚えてないという
これで源氏物語画帖の1巻は全て塗り終わったのですが、次には2巻が控えてます。
また思いついた時にでも塗ろうと思います。
もう1枚くらい続けて更新出来るかな~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック