白壁

画像

「又、或時の彼は薄日のあたった村の白壁の上をたよりなげに過った自分の影を何か残り惜しげに見た。」――堀辰雄『菜穂子』より

久々の鉛筆画です。
上の文章からゆらっとした雰囲気を想像して、白壁を崩れかかった築地塀にしたのですがそう見えますでしょうか?
田舎の築地塀をどんだけオンボロだと思ってるんだって感じですが;;
土壁も岩みたいですね...
質感の表現は至難の業ですな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック